【トレジョ】インド料理の味がする!パリパリチップス

 

インド料理のパリパリのやつ!な、トレジョのお菓子

 

先日のTrader Joe’s(トレーダージョーズ)でのお買い物中、ピッカーンと光って見えたお菓子に吸い寄せられました。アメリカらしい?ポップな見た目にやけに惹かれる、、、。ということでお買い上げ。

 

見たことがない商品だったのでレジのお姉さんに食べたことあるか聞いてみたら、初めて見るとのこと。お隣のレジをしてたトレジョのお兄さんが振り返って色々説明してくれたんだけど、、、すみません。私の英語力の限界を超えていました笑。

 

 

普通にポテトチップスがずらりと並ぶ棚から普通に取ったものですが、どうも新商品だったようなこのチップスは、インド料理店で食べれるパパダム(パパド)のでした。

 

パパダムをチップスにするなんて、トレジョさんてばナイスアイディだと思います!

 

 

 

 

パパダムとは

別名パパド、パーパド、ポパダムなど。

 

インドや南アジアで食されている、極めて薄いパリパリお煎餅かクラッカー。

 

地域や家庭により差があるが、一般的にはレンズ豆、ひよこ豆、ケツルアズキ、米粉から作られ、塩、唐辛子、クミン、ニンニクなどで味つけられる。

 

参照;ウィキペディア

 

 

 

 

 

 

 

インド料理のパパダム風 トレジョのチップス

 

Trader Joe’s(トレーダージョーズ)

Papadums (パパダムス)
Lentil and Chickpea Crisps (レンティル アンド チックピー クリスプス)

 

 

一瞬で目が奪われたのが納得のパッケージ。随分とド派手で毒々しさもあると思いつつ、でもなんか可愛らしい色合わせ。そういえばこのピンク色はインドと繋がるイメージの色。

 

そんなことを思いながら封を開けたのが、こちらのトレジョのお菓子です。

 

 

パパダムという名前を知らなくとも、上のインド料理屋さんでのパパダムの写真を見てこれね思われた方も多いかもしれません。

 

私は名前を知らなかったので一口食べてどこかで食べたことがある味となり、数枚食べるうちに正体に気がつきました。

 

このお菓子が、パパダムそのままの味だったから。

 

 

 

 

 

 

トレジョのスナック菓子 パパダムクリスプのお味は?

 

インド料理屋さんでいただくパパダムの中にはとても薄いのもあるのを考えると、しっかりめのパパダムに分類できそうなトレジョさんのパパダムクリスプ。

 

軽やかな食感だけれど、しっかりパリパリしています。

 

 

口に入れるとまず感じるのは、ポテトチップスに似た揚げ物チップスの香り。

 

パパダムクリスプを噛んだ後は、穀物の味。だんだんとその味が強くなり、途中でお豆っぽい味が顔を出したり、時々クミンが口の中で弾けたり。

 

塩っけも意外としっかり感じました。

 

 

 

トレジョさんのパパダムクリスプは、本当にパパダムそのままです。

 

素朴さというのか穀物の雑味的な味もしっかりあるし、後味の苦みも強くあります。

 

インドレストランのものは焼いているものも多いから、それに比べると少し油が多めかなとおも思いますが、そのまま。

 

 

ただ、クミンシードの味は弱め。こちらはほんのりする程度でした。

 

 

 

 

 

 

パパダムそのままの味のトレジョのお菓子は、好き嫌い分かれそう

 

パパダムを苦手だったり好きじゃない方、割といるのではと想像します。

 

そこまで日本人受けする味ではないし、日本だとパパダムよりもナンの方が一般的で好まれるから、食べる機会も少なく慣れることもない。

 

私もパパダムよりもナンの方が好きなので、パパダムがでてくると「あ、こっちね。」なんて思うことがあります。

 

 

本当にパパダムそのままだったトレジョのパパダムクリスプですが、スナック菓子としてちょうどよくしているのか、インド料理屋さんで食べるものよりも若干食べやすい印象でした。

 

ただ味そのままなので、パパダムが苦手な方は苦手なお菓子だと思います。

 

また、雑穀の雑味や後味の苦味が気になる方、クミンシードの味がダメな方も避ける方が無難そうです。

 

 

逆にパパダムや雑穀の味が好きな方は、きっとお好きなスナックです!

 

 

 

一つ注意なのは、レンズ豆とひよこ豆のスナック菓子とありますが、いわゆるアメリカのレンズ豆系のお菓子よりも雑味と苦味が強いこと。そちらを想像していると失敗の可能性ありです。

 

 

 

 

 

 

トレジョのパパダムクリスプの原材料はシンプル

 

ふと見てみた原材料は、とてもシンプルでした。

 

レンズ豆、ひよこ豆、米油、ベーキングソーダ、クミン、ソルト。どれも知っている原材料、いいですね。

 

 

 

 

 

 

好き?嫌い?トレジョのインド風味のスナック菓子

 

パパダムの味は万人受けする味ではないから、トレジョさんのパパダムそのままの味がするパパダムクリスプは好き嫌いが分かれそうなスナック菓子です。

 

私はパパダム自体はそこまで好きではないけれど、こちらはポリポリいけました。けれど家族はいまいちだそうです。

 

 

いけた私ももう一度買うかは微妙なところ。

 

正直、このまま食べるなら他を選びそう。

 

けれどこれを食べているとカレーが欲しくなるから笑、そういうアレンジは面白そう。カレー味のものと合わせてスナックや前菜的にするなら、大活躍の予感がします。

 

例えばカレーやフムスと合わせたりディップしたり、ドライカレーを上にかけてチーズを乗せてインディアンナチョなんてどうでしょう?

 

 

 

好き嫌いが分かれそうなインド味のトレジョさんのスナック菓子、パパダムクリスプ。

 

私はそのままいただくよりもよりも、アレンジが気になっています。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。