レトルト並みに簡単なのにお店並みに美味しいたらスパ

今日は過去記事の再掲です。

そして私の今日のお昼ごはんは、こちら!

 

 

レトルト並みに簡単で美味しいたらスパ

 

ある日のお昼は、好きなものが食べたいけれど、凝った物を作る気持ち0%。そこでお友達に教わってから自分で作るようになった、大好物の簡単スパゲティにしました。

 

たらこスパゲッティです。

 

 

 

たらこ、もしくは明太子スパゲッティを、自宅で作る方はどれぐらいるものなのでしょう。

 

私はお友達に教わるまで作ったことがなく、家族も作らず。レトルトもほぼ使わない家庭だったので、「たらスパは外で食べるもの」と思っていました。

 

けれどお友達に教わってからは、その簡単さと美味しさによく作るようになりました。一時期は大ハマりしていたので、その作り方も習得。今はたらこや明太子があれば頭に浮かび、自分の感覚で作るほど身近です。

 

 

何より美味しいし、本当に簡単なんです。

たらこスパゲッティって。

 

 

 

 

 

 

たらこ / 明太子スパゲッティの作り方

 

【材料】

 

たらこ

マヨネーズ

だしパック

ごま

しょうゆ

しそ

 

 

たらこは頂き物のこちらを使っていますが、いつもは普通のたらこを使っています。

 

 

 

 

【作り方】

 

①スパゲッティ用のお湯を沸かし、茹でる。

 

 

 

 

②たらこ、マヨネーズ、出汁パックの中身を入れ、よく混ぜる。普通のたらこや明太子を使う場合は、薄皮から中の卵を出して使う。

 

たらことマヨネーズはだいたい1:1。贅沢な時は、たらこ多めにします。今回は一人分で大さじ1弱ずつぐらい。普通のたらこを使う時は、一人1/2〜1腹ぐらい。

 

和風だしは、一人分が1/4パックぐらいと思っています。できたらきちんと粉末にされているか、大きい粒は省いた方がいい。写真のおだし左側はちょっと大きめで、食べた時にガリッとしました。

 

 

 

④ ③にごまを入れてよく混ぜる。

 

 

ごまの量はお好みで。私は多目が好きなので、大さじ1弱入れています。

 

 

 

⑥ 茹で上がったパスタを入れて、混ぜる。

 

 

 

 

⑦ 味見をして、お塩が必要であれば加え、味を整えるおしょうゆを風味付けにほんの少しだけ入れて、混ぜる。(明太子の時は入れないことが多い)

 

 

 

 

⑨ しそや刻み海苔など、お好みのものを乗せて出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

かねふくのたらこチューブ

 

今回たらことして使ったのは、頂き物のたらこチューブ。福岡の明太子やさんで、アメリカでも展開している明太子のかねふくのものです。ニジヤなどで購入できます。

 

たらこの赤色とパステルカラーの色合わせ。凍っているからほんのり白くなり、可愛らしさ倍増。こんなにたらこの色がいきているパッケージを見たのは、初めてな気がします。かわいいなぁ・・・♪

 

 

もちろんこのチューブのものではなく、たらこの腹でもたらスパは作れます。そのときは、タラコの薄皮は取り除き、中身だけ使います。

 

 

 

 

 

 

美味しいたらスパ、おうちで簡単に作れます!

 

スパゲッティを茹でる時間は必要なものの、茹でて混ぜるだけ。レトルト並に簡単で、時短レシピ。でも、味は花丸です!

 

 

栄養バランスが気になる時は、スパゲッティを茹でている間に作る時間が十分あるので、この時間を使ってサラダや和物を作っています。

 

 

 

海外在住の方の中には、たらスパが恋しくて、レトルトを買ったり、食べるために日系レストランへ行く方もいますが、そんな方こそ家で作ってみてほしい。

 

おうちでも美味しいたらスパは作れます!

 

 

 

ぱぱっと作りたい時や、やる気がない時。

美味しいおすすめの献立です。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です