Trader Joe’sのトマトペーストでほぼなすだけ簡単パスタ

先日のお昼ごはんは、具沢山が好きでついつい具を入れすぎる私にしては珍しい、シンプルパスタ。

 

 

ほぼなすだけのパスタでした。

 

 

 

先週のこと。

 

先週のお弁当で作ったなすのトマトペースト炒めが思った以上においしかったので、これを具にしてパスタにしてみたのがこの日のお昼ごはんでした。

 

具はなすだけなので簡単なものだけど、予想通り、美味しいパスタができました。

 

 

 

 

【 ほぼなすだけパスタの作り方 】

 

① パスタを茹でるお湯を沸かす。

 

② ニンニクを刻み、オリーブオイルを入れた鍋に入れて香りを出す(弱火)

 

③ なすを適当な大きさに切る。(今回のなすは皮が硬めだったので、しましまに一部だけ皮を剥きました)

 

④ パスタを茹で始める少し前に、②に③のナスを入れて炒めていく。(その後パスタの茹で汁を少し入れ、蓋をして蒸し焼きにしました)

 

⑤ ④に塩をふる。トマトペーストを多めに入れて、ナスをコーティングする。ドライバジルをふる

 

⑥ 茹で上がったパスタを⑤に入れて、さっとあえて味を整えて完成。

 

・ ニンニクは入れなくても美味しい

・ トマトペーストは多めがいいけれど、あくまでナスの引き立て役なので全体に回ればいい

 

 

 

作り方も何も簡単で普通なのだけれど、これだけで美味しいなぁと思う出来だったのは、今がナスの旬だから。

 

そしてオリーブオイル+なす+トマトペーストの組み合わせのおかげ。

 

油を吸ったふにゃっとしたなすに、味の濃いトマトペーストの酸味が加わって、旨味もプラス。ナスの甘味もあるし、美味しくなりますね。

 

簡単なのに、この味。

大満足です。

 

 

タンパク質がなかったので、冷蔵庫に作っておいた蒸し鶏を添えています。

 

 

 

 

【トレーダージョーズのトマトペースト 】

 

ちょうどのこのパスタで終わったトマトペーストは、トレジョさんの定番商品です。

 

 

Trader Joe’s(トレーダージョーズ)

 

 

イタリアで作っているもので、原材料はトマトと塩のみ。味は一般的なトマトペーストで、酸味はしっかりあります。舐めてみたら、えぐみも少々ありました。

 

 

お手頃価格なのもいいところですが、なんといってもチューブタイプなのが魅力です。

 

アルミチューブ?なので、上からきちんと押していくと密閉されて中のペーストが酸化しずらくなります。

 

レシピ通りに作る時、びゅーと使える利便性。

 

 

何より、トマトペーストの瓶や缶を開ける躊躇がありません。大さじ1使うだけなのに、一度で使い終わらない量の容器を開ける嫌々さ、覚えがありませんか?(アメリカあるある!)

 

瓶や缶を開けて、残りの物はどうしよう。そんな戸惑いが皆無なのは大きな魅力!

 

 

気になるところは容器の素材ぐらいですが、この素材だからの利点だからしかたないのかなぁと思っています。

 

 

 

私にとってもうひとつの大きな魅力は、トレジョさんらしいこのパッケージ。

 

使い終わる時に、可愛いなぁと手が止まる楽しさがあります。今回も使い終わった容器を捨てる直前目に止まり、パッケージをながめながらニンマリ。

 

赤が好きなのでひかれるのかな。

優しい青さとの色合わせも、トマトの絵柄もとても好きです。

 

 

 

 

【ほぼなすだけパスタ、気負わずどうぞ。】

 

シンプルなパスタを作るより、具をたくさん入れたパスタを作りがちな私ですが、シンプルなパスタもいいと改めて思った今回のパスタ。

 

シンプルだからこそ生きるものや、感じる味がある。

 

なすと、トマトやトマト缶とはまた違ったトマトペーストとの組み合わせ。うまみがぎゅっと詰まった濃いめの味、好きだなぁ。

 

 

 

大したことをしていないのに、おいしいさに我に返る。なすが美味しい時期はまだまだ続くので、また作ろうと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

 

=====

 

 

アルミチューブといえば、こんなチューブ絞り器があるのをご存知ですか?

US Amazonにもあります

 

 

おしゃれな人が使っているこれで絞ると、減ってきたチューブも美しい姿になります。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

 

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。