菊芋チップスをたっぷりのせたいちじくの洋風サラダ

菊芋チップスをたっぷり いちじくのサラダ

 

日本ではいつも刺激をたくさんくれるお友達とご一緒しました。そして予想以上の刺激を隔離中お友達からいただきました。考え方、女性として、人として、そして料理上手なお友達なのでお料理のことまで、それは幅広く。

 

少しでも自分の中の根付いてやがて実になってくれたらと淡い期待を持っていますが、さて。

 

 

 

そんなお友達が作ってくれたサラダがありました。

 

たまたま買ってきたいちじくを使ったいちじくのサラダです。

そして先日記事にした、クルトン風に使うととても美味しい菊芋チップスをたっぷり乗せたサラダ。

 

お芋でも可。菊芋チップスと菊芋チップスのクルトン風

 

 

これがとってもおいしくて。

さすがです〜!!!と叫びながら、この日はお庭でいただきました。

 

これは私もメモしたサラダ。

いちじくの時期からは外れてしまいましたが、手に入る時期にぜひ。他のフルーツを乗せても美味しいと思います。

 

 

 

 

 

 

菊芋チップスを乗せたいちじくのサラダのの作り方

 

【 材料 】

 

菊芋チップス

お芋でも可。菊芋チップスと菊芋チップスのクルトン風

レタス

セロリ

にんじん

ブロッコリー

いちじく

ブリーチーズ

 

ドレッシング

バルサミコ酢

オリーブオイル

ルバームジャム

塩・こしょう

 

 

【 作り方 】

 

菊芋チップスを焼く

菊芋チップスをオーブントースターで焼く。色が変わってきたら取り出し、塩をふる。

 

菊芋チップスはわりとすぐに、特に中央部分がやけます。焼きすぎに気をつけて。

 

 

 

野菜を切る

レタスを一口大に切る。にんじんは小さめのさいの目に切る。いちじくは小さめ一口サイズに切る。ブロッコリーは小さめに切ったあと、茹でておく。セロリは輪切りにする。

 

野菜は代用可能です。レタスはサニーレタス(レッドリーフ)、アルグラやベビーリーフ、ベビースピナッチなど葉物でも。にんじんは彩りのためものあるので、トマトでもいい。

 

お野菜は、葉物+存在感がある野菜+彩りになる野菜+いちじくで組み合わせるといい。

 

 

 

ドレッシングを作る

ドレッシングの材料をよく混ぜる。

 

ルバーブジャムは、メープルシロップ、はちみつなどで代用可能。なければお砂糖をどうぞ。味のバランスは、オリーブオイルとバルサミコは3:3、ジャムは1です。

 

 

 

盛り付ける

器にレタスを乗せ、いちじく以外の野菜を配置バランスを見ながら盛り付ける。いちじくを乗せる。ブリーチーズをちぎりながら、乗せる。上から菊芋チップスを乗せる。最後にドレッシングをかけたら出来上がり。

 

ブリーチーズは、フェタやブルーチーズなど他のチーズでも美味しい。

 

 

 

いちじくのクチュッとした甘さと、ドレッシングの甘さと酸味。そして時々現れるまったりとながらカビの香りが主張するブリー。他のお野菜もまざってとても美味しいサラダです。

 

菊芋チップスはクルトン的な歯応え担当。強めのパリパリとした食感がサラダを一層美味しくしてくれます。菊芋らしい味はほとんどしないので、菊芋が苦手な方でも美味しくいただけると思います。

 

 

 

 

 

 

やみつき!菊芋チップスといちじくの美味しいサラダ

この日のスクランブルエッグは、ホテルでいただくようなとろとろさ。おいしかったなぁ。

 

今もおいしかったなぁと思い出す、このサラダ。

 

隔離中のことなので安易に買い物に行くこともできず、ありもので作ってくれたもの。けれど驚きと美味しさが詰まっていました。

 

菊芋チップスがこんな風に美味しく、存り方をがらりと変えて食べれる驚き。いつもはクラッカーやパンに乗せてしか食べないブリーチーズの使い方。盛り付ける時の繊細さ。

 

いちじくの色と味が生きてたサラダは、美味しかったなぁ。あれ、ここってLAのカフェだっけ?なんて言いたくなるほど。

 

 

またいちじくが出る時期になったら作るつもりですが、その前に他の果物でも作ってみようと思っています。菊芋が手に入ったら、チップスもね。

 

 

 

改めて思い出す、いい時間と美味しいごはん。

ごちそうさまでした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。