トレーダージョーズのチリ缶詰 でお腹いっぱい朝ごはん

ある日の朝ごはんは珍しい3人が揃ったので、ボリュームたっぷりの朝ごはんにしました。

見た目はちょっと気取っているふう? 中身はそうでもない笑

 

だってメインのチリは缶詰を使っていますから。

 

Trader Joe’s(トレーダージョーズ)

Turkey Chili with Beans(ターキー チリ ウィズ ビーンズ)

 

シリーズで、Beef Chili with Beans (ビーフ チリ  ウィズ ビーンズ)もあります。

 

 

トレジョさんのチリシリーズは、アメリカに来る前から食べていた記憶があるので、相当長くあるの定番品です。

 

あまりチリに馴染みがなくても、アメリカっぽく受け皿が広い味。缶詰でもそれなりにおいしいので、「茹でたじゃがいもの上にかけて、チーズで焼くとおいしいと」と一言添えて、ベジタリアンのものをお土産にもしていた時期もありました。

 

 

そんなチリを今回は少々アレンジ。

温めたチリに、チェダーをチーズを入れて溶かしました

 

チリに乗っているのは、グリークヨーグルトとチーズと、アメリカのあさつきチャイブ。

 

チーズを入れればカロリーは増える!

けれどチーズって、やっぱり美味しくて、チリがいつも以上に余計に、缶詰だってちゃんとおいしくなります。

 

みんなぺろりでした。

 

 

チリに添えたのは、

オムレツのローズマリーのお花のせ。

 

ルッコラとパプリカと数種の焼ききのこのサラダ。

 

そしてパンでした。

 

 

オムレツはお花はローズマリーのお花を散らしたけれど、オムレツ自体はいつものもの。

 

サラダも、きのこは焼いたけれど、他は冷蔵庫にあったものを混ぜただけの、やっぱり簡単なものです。

 

そこに最近ご無沙汰だった、トレジョさんの缶詰チリを添えただけのがんばっていない朝ごはんでしたが、いい朝でした。

 

ごちそうさまでした。


 

 

そして明日の記事は、意外と簡単に作れるチリをつくった記事です。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
 

 

先日、香港で数日滞在後、フィリピンはセブ島へ遊びに行ったしろからLINEが届きました。

 

「セブで入国拒否された😭」

 

 

えーーーーーーーーーーーーー!?

姉、声に出して叫びました。入国拒否なんて、我が身に、身内の身に起こるとは思っていない出来事ですから。

 

 

理由は、新型コロナウィルスでした。

 

現在フィリピンは、香港を含めた中国からの自国民以外の渡航者の入国を、新型コロナウィルスを理由に拒否しています。

 

しろいわく「2日前に調べた時は書いてなかったのに・・・」とのこと。甘かったな。

 

 

保健室のような、カーテンで仕切られた場所にベッドが置かれている場所で一晩を過ごし、警備員につれられてゲートへ。強制出国させられたそうです(怖っ!)。

 

しろの隣に引っ越してきたしろにマカロンをくれたロシア人は、香港トランジットが原因で入国拒否されたそうです。香港の空港から出ずたった3時間のトランジットだったのに。

 

しろいわく、フィリピン人の人がいい人だったのが救いだそう。

「あるよね〜、こういうこと。今回のコロナウィルスで何人か帰ってるよ〜」と言ってくれたそうです。(ないと思うよ、なかなか笑)

 

 

みなさま、どこかへお出かけの際は確認をお忘れなく。

 

アメリカン航空を利用したさいメールに添付されていた確認サイトは、IATA(航空会社の組合)のものでした。

 

CORONAVIRUS OUTBREAK IN CHINA (PEOPLE’S REP.)

 

英語ですが、各国の状況が乗っていて見やすいです。

 

 

 

新型コロナウィルスの流行を対岸の火のように考えていた方も多いと思いますが、日々増える日本内感染者をみて、今もそう思うならそれはいささかか軽率かもしれません。

 

アメリカの感染症対策の総合研究所である米疾病対策センターは、日本への「渡航注意情報」を出しました。→日本と香港に「渡航注意情報」 米疾病対策センター

 

 

1月中に武漢の人が東京大阪などを観光中に発症。中国人と接触のなかったタイ人観光客が日本旅行後にタイ帰国後に発症。

 

我が家ではこの時点で、日本でも世界のどこでも流行ってもおかしくない。むしろ局地的流行は中国外でもあると思っていました。

 

日本の検査範囲が最近まで中国渡航歴、その近辺の人に限られていたからでてこなかっただけ。

 

アメリカでも、同様のことは起こっておかしくない。いやもしかしたら、マスクをしない文化のアメリカの方が、ひろまったら拡散は早いのかも?と思ったり。

 

 

飛行機移動が多い家族がいるので、余計に敏感なのかもしれません。

 

「除菌」「除菌」「除菌」!

「手洗い・うがい!」と、しつこく言っています。

 

 

外出先でトイレなどを使う前後は除菌。

手を洗う時は、石鹸を使い20秒以上。

帰宅後は、必ず手洗いうがい。(うがいは、まずグジュグジュペをしてからうがいします)。

その後、携帯とドアノブを除菌。(携帯って汚いんですよ!)

 

飛行機から帰ってきた人を迎えに行ったら、車に乗せる前にトランクを拭く。(特にトロリー部分)

手やかばんは、除菌シートで拭く。

帰宅後脱いだ服は、即洗濯。できないもや靴は、太陽に2〜3時間以上当てる。

 

 

 

SARSよりは致死率は低い。

インフルエンザと同レベル。

そういう言葉も聞きますが、かからないに越したことはない。

 

自分の健康を守れるのは自分だけ。

予防をしっかりしていきましょう!

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。