ローカルに人気の バクテーを簡単に作ってみた

「ぜひ食べて帰って!とシンガポールに住んでいる人が口を揃えていうのは、バクテー」 と、妹しろがよく言っています。


先日、しろがまたそう言っていたので、おうちでバクテーを作ってみました。簡単に

バクテーを簡単に作ってみた

はぁ・・・、美味しかった〜!!!

 

バクテーをご存知ですか?

 

バクテーとは漢字で「肉骨茶」と表記されるマレーシア・シンガポールで人気の料理。肉骨=豚肉、茶=漢方の意味の通り、豚肉(特に骨付き肉)を漢方や生薬と中国醤油で煮込んだものです。

 

マレーシアの郊外都市クラン発祥とされ、もともとはイギリス植民地時代の頃、中国からマレーシアに出稼ぎに来ていた肉体労働を担っていた男性たちのための料理でした。

 

材料が安く、からだにもいい。滋養もある。かつては朝食として食べ、力を得るための料理だったそうです。

 

今はマレーシアだけでなく、お隣のシンガポールでも親しまれる料理となっていて、しろの言葉によれば日本人に合う味でもあるようです。

 

 

 

今回は初めてなので、簡単に。一から作るのではなく、バクテーのもとを使って作りました。

バクテーを簡単に作ってみた

Prima Taste(プリマテイスト)

Bak Kut Teh(バクテー)

 

シンガポール空港でも売っているプリマテイストのもの。地球の歩き方にも載っていました。こちらいつかのシンガポール土産で、しろの一言で思い出し、パントリーから引っ張り出しました。

 

今回はこちらのもとを使って、初めてのバクテーを作りました。

 

バクテーを簡単に作ってみた

 

素を使っているので、簡単にできあがり!

 

お肉を一度茹でこぼし、あとは煮るだけです。二時間煮るので時間はかかりますが、あとはお肉を切るぐらい。手間は全くかかりません。

 

 

バクテーって、おいしいですね。

 

ほんのり漢方っぽい味が特徴的的。アニス、シナモン、こしょう、にんにく、クローブとかが混じった香りは異国情緒たっぷり。

 

お箸で解れるほどホロホロしたお肉はもちろん美味しくて、でも何より、スープが美味しい(脂は途中少し取りました)。ご飯の上にバクテーを乗せて食べるのが定番だと言われたけれど、濃い味ではないのにこのスープが美味しいから、ごはんとよく合います。

 

素をつかってこの美味しさ。美味しいと言われているものは、もっと美味しいのでしょうね!よだれが出ちゃう・・・。

 

食べながら、この香りはどこかのご飯屋さんの香りと思った瞬間頭をよぎったのは、昔昔のシンガポールのごはんでした。私の記憶は定かでないけれど、そんな光景を思い浮かべる異国の香りが漂うバクテーでした。

 

バクテーを簡単に作ってみた

 

とっても美味しかったので、また作ってみようと思っています。

今度は一からね。

 

ごちそうさまでした。

 

お土産ありがとう。

 

 

=====

 

【アメリカと日本で買バクテーの素を買う】

 

バクテーの素、同じものではないですが→US Amazon←にはたくさんありました。さすが移民の国ですね。

また台湾系スーパーマーケット99 Ranch Marketでも、今回のものとは違いますが取り扱いがあります。

 


こちらの楽天のものは、一番一般的な商品のよう。

楽天で一番多く取り扱いがあるバクテーのもと。US Amazonでも、今ネットでは売り切れになっていますが、カルディでもお取り扱いがあるようです。

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です