ヘルシーでタンパク源になる簡単カブとささみのサラダ

 

お気に入りの副菜  カブとささみのサラダ

お気に入りの副菜  カブとささみのサラダ

 

ある日ちゃちゃっと作ったのは、お気に入りの副菜。

かぶとささみのサラダでした。

 

 

かぶが好きと気がついのは、日本へ一時帰国するたびに買っていると家族に指摘されてから。確かに日本のかぶは柔らかでみずみずしくて、美味しそう。よく手を伸ばしています。

 

そう認識してからは、アメリカでも買う頻度が増えました。

 

とはいえ、かぶを買えるのは日系スーパーマーケットだけ。時々びっくりする価格で、小さな小さな「ラディッシュですか?」と思うようなかぶが売られているので笑、お値段が落ち着いている時 & 品質がちゃんとしている時限定です。

 

 

 

アメリカにでは、好きだからこそ私的贅沢品。せっかくのカブだもの、美味しいとわかっているものに使います。

 

このレシピは幾度となく作っていて、かぶとささみがあれば、あれ作ろう。と思う、美味しくて大好きなレシピです。レシピ本も愛用している、笠原将弘さんのものです。(ネット検索したら、レシピが載っていました→Google books ←)

 

 

 

 

 

 

カブとささみの和えものの作り方を簡単に、時短で

 

作り方は、塩もみしたかぶと茹でてほぐしたささ身を、同量のごま油とお酢半分のはちみつ(私は甘さ控えめが好きなので調節しています)、お塩と和えるだけ。

 

カブとささみの和えものの作り方を簡単に、時短で
ちょっと加える葉っぱが、彩りに。こういうところが、プロレシピ。

 

これだけ。

これだけなのに、と〜っても美味しいのがさすが笠原さん!

 

 

 

我が家では、ささ身をサラダチキンのようにして、冷蔵庫や冷凍庫に置いてあることが多いので、今回はかぶを切って調味料を和えただけなので、五分もかからず完成でした。

驚くほどしっとり仕上がる鶏胸肉とささみの茹でかた

 

 

 

 

 

 

夏も美味しいカブとささみのサラダ

 

これからの季節、麺ものの登場回数が増えます。

 

麺で手抜きをしたい時、直面するのがタンパク源を何にするか。お肉にする?お魚にする?卵にする?ヴィーガンの方なら、お豆腐やお豆なのかな?

 

我が家は卵になることが多いですが、これを思いつくと、鶏肉を多めにして、タンパク源にします。冷蔵庫に入れていた冷えたサラダ美味しくて、暑い時期の副菜にもぴったり。ちょうどいいんです。

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

今回のカブとささみのサラダのレシピが載っているのは、こちらのレシピ本。やっぱり、笠原さんのレシピは美味しいです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

 

 

 

ちょっと長引いた日本滞在。新型コロナが広まっていたこともあって、今まではあまりしなかった車の運転も、今回はよくしました。

 

東京都とはいえ市町村地区で育ち。車もその地域の道幅ならどうってことないけれど、都内の細い道は苦手でした。

 

LAに暮らしていると歩行者に注意すべき場所は決まっていて、それに慣れてしまうと、歩行者がわんさかいるとドキドキ。

 

どちらも、今回の滞在で随分平気になりました。

 

 

 

LAに帰ってきて、日本で運転していた影響が出ています。

 

赤信号で止まったあと緑に変わり、アクセルを踏んだ時。

 

しばらくして、自分だけ遅いことに気がつきます。アメリカの車って、スタートダッシュで急発進。強くアクセルを踏むんでした。

 

日本の高速を走った時は、スピードがですぎてしまい速度を落としていたのに、今は普通の道でも意識してスピードを上げています。体感速度は、慣れで変わりますね。面白い。

 

日本の高速では「どうぞどうぞ」と譲っていたのに、こちらのフリーウェイではやけに気持ちがアグレッシブ。ぼーっと走っていようものなら、運転が荒い危ない車に入られたりするから。そう思うということは、まだ気がはっているようです。

 

 

 

運動神経が良くなく、運動が苦手です。

だから運転にも長いこと苦手意識がありました。

 

けれどどなたかの言葉で、「凶器にもなり得る運転する以上、運転を好きになる。少なくとも好きになる気持ちでいなくてはいけない。」というのを聞いたか読んでから、運転が苦手と思うのをやめました。

 

少なくとも、好きになる気構えだけは持っていようと思って。

 

運動神経が良くないから、慎重に。安全運転第一。そして人に迷惑をかけないように、心がけています。

 

 

 

もう少ししたら慣れてしまって、こんな小さな違和感を感じなくなるんだろうなぁ。

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です