焼きそばに失敗した理由 焼きそばは水分量が味の決め手

ある日のお昼ごはんは、焼きそばでした。

 

 

一見普通の焼きそばですが、失敗しています。

 

 

 

いたって普通の焼きそばを使い、いつも通り具を炒めた中、たったひとつ違ったのは、テレビで観た美味しそうなアイディアを取り入れたこと。

 

焼きそばに入れるお水の代わりに、鶏ガラスープのような鶏のスープを入れるのをテレビでみて。

 

料理上手な方が作っているし!絶対美味しいでしょう!ということで真似してみたんですが、これが失敗のもとでした。

 

 

焼きそばに失敗って・・・! なかなかない!

 

 

敗因は、加えたスープの量でした。

 

映像でみた量を入れたつもりでしたが、麺に対して水分量が多かったようです。加えて、縁のあるフライパンを使ったので、余計に水分が蒸発しずらかったのもあるかもしれません。

 

のびにのびた焼きそばになってしまいました。

 

 

 

焼きそばの麺はもともとやわらかいので、そこまで水分を足さない方がいい。おいしい焼きそばには、適切な水分量が大切。

 

いや、ほとんど入れなくていい。

 

思い出してみたら、おいしかったシンガポール風焼きそばは蒸したけれどお水を加えなかったし、やっぱり美味しかった栗原はるみさんのあんかけ焼きそばも、麺に水を足さなかった。

 

焼きそばを炒める時は水を入れると思っているけれど、逆に水は入れなくてもいいのかもしれません。

 

 

ご家庭の味はそれぞれ違うし、味付けにも幅がある焼きそば。

 

でものびすぎたパスタが美味しくないように、のびた焼きそばはいただけない!!!焼きそばに水分を入れすぎるとのびた焼きそばになる。加減が大事なようです。

 

そしてテレビでみた情報も全てが正解とは限らない笑。いい経験でした。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 


 

ブログ中に登場した焼きそば2つ

 


 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

 

 

You may also like

2件のコメント

  1. お引っ越し後、初コメです。こんにちは。
    焼きそばは失敗するとけっこうヘコみますよね。
    それ食べるしかないから・・・笑。
    うちの母に教わったのは、水は足さない、そして「焼く」です。
    だからうちではフライパンふたつ使います。
    一つでは具を炒め、もう一つでは麺を焼く。
    油をひいて、弱〜中火で麺を置いて焼くのです。
    麺を置いたら動かさず、ほぐさず、蓋をせずに5分。
    ひっくり返してまた5分。
    それからほぐして具と混ぜます。
    外側はカリカリ香ばしく焦げて、内側は蒸されていい感じになります。
    試してみてね〜!

    1. Averyさんへ

      ブログとしても初コメントです。ありがとうございます!!!

      お母さまの焼きそばは、蓋もせず、水を足さないのですね。カリッとして中が蒸されている、、、絶対美味しい!!!
      早々焼きそばを買って試してみます!

      いつもありがとうございます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です